マスコミ

    私,ブログ好きなんですよ。

    (ブログは周回遅れを通り越して,飽きられているのかな。)

    部活問題では,いつもネタ切れになる傾向がある。

    本家というか,先駆者の部活問題ブロガーも「ネタ切れ」のようである。

    マスコミは相変わらず,「先生は忙しい,先生は部顧問が大変だ」と報道してくれる。
    しかし,マスコミの方がもっと忙しいという現実。


    マスコミにしてみたら
    「先生っていいな,毎日ダイレクトな反応がわかる」



    以前,Yahoo!ニュースに転職した大手新聞社の人が言っていた
    「読者に伝わっているか正直わからない」


    ということで,教員はいい仕事だよ。エキサイティング。




    やりがい

    あまり イデオロギーの発言はしたくないので,さらっと聞いてね

    「沖縄のアメリカ軍司令官はやりがいを感じてないのではないか?」

    確かにそうだろう。遠く故郷を離れ,極東の治安を守っている。日本とアメリカのために。
    それも,アメリカの税金で。故郷に帰りたい・・・。でも使命がある。仕事だ。大切な家族もいる。

    しかし街を歩けば,アメリカ軍は帰れ!である。

    私が全くの無国籍な人間なら,
    「アメリカ軍司令官に同情する」

    事情は様々だが,頑張っていても「帰れ」とはあまりにも むごい。

    (素人顧問が部活顧問を必死にしているのと似てるかもね。)



    一方で教員は今でも,
    「ありがとうございました。」
    と言ってもらえると思う。

    「先生!おしえて下さい。」
    「先生!わかりました。解けました!」

    うれしい。


    教師でも,やりがいのない仕事もある。

    ある先生は教育委員会に行った。

    研修の担当になった。講師を呼び,各学校に文章を出し,出席を確認する・・・。

    自分より若い講師を呼び,礼を尽くしもてなす。

    出世が目的?

    教育委員会に何か魅力的な権限はあるのかなあ?

    やっぱり「やりがいのない仕事」は,・・・つらいね。

    (部活問題に絡めてもいいけど控える)




    ame842_okuirikeiryu_TP_V.jpg 




    Fランク大学 底辺高校 低学力中学生 不登校 

    最近の高校の先生は就職指導をしない。どこか無理やりFランク大学に入れて,ごまかしている。

    という批判について・・・。

    はいそうですよ。

    どんどん先送りしています。仕方なくね。どこも雇ってくれません。残念ですが。

    中学校の先生だってそうですよ。

    どう考えても,小学校3年生レベルでとまっている生徒を,底辺高校などに送ってくる。
    高校に行く学力がないなら,就職でもよいのでは?
    学力があっても就職でもいいと思うが・・・。

    もう底辺高校やFランク大学は,福祉施設になっている。というか,防犯対策というか,社会に出ても困るし,学校にいても困る人材のたまり場になっている。

    私学の底辺高校の先生たちって疲弊してるなあ・・・。
    だから,なんだよ!と言われてもねえ。わかるだろう?



    以下の言葉はネット用語として使われ始めたのかなあ? 以前はこんなにズバリ言わなかった。

    Fランク大学 底辺高校 低学力中学生 不登校

    ame842_okuirikeiryu_TP_V.jpg 


    おまえがしていることは「いじめ」だ

    現在のいじめの定義

    「該当者がいじめと感じたらいじめ」

    ということで、わかりやすくなった。

    いじめた方も言い分があろうが、

    「集団で個人を攻撃した。口でいじめた。」となれば、もう,一発でいじめ認定である。

    指導法
    自分がされたらどう思う?
    「いじり」って言葉は便利だけど「いじめ」だよ。

    こんな感じ。



    慎重に事実確認
    被害者からの情報収集
    信用できる第三者的生徒からの聞き取り
    そして,やっと加害者への聞き取りである。


    これがプロの技である。
    素人は加害者から聞き始める。

    ちなみに,部活問題に絡めて見よう。
    怠ける生徒がいじめられる。
    ・・・これは,難しいぜ


    ame842_okuirikeiryu_TP_V.jpg 

    「学力」の経済学、中室 牧子 (著)読みましたか?

    「学力」の経済学 
    中室 牧子 (著)

    はっきり言って、極論の本であるというか、あっぱれ?の本でもある。

    1 非認知能力を高めよ
     粘り強さ、我慢強さを身につけよ

    2 幼児教育にもっとコストをかけよ
     小学校高学年~高校までにコストをかけても「かなり無駄」
     幼児期にかけたコストは数十倍になって40年後に回収できる

    3 教員の質
     教員の質が悪ければ、児童生徒は伸びない
     質についての研究がない



    はいはい、わかりましたよ。

    ・40人学級維持

    ・幼児教育の充実

    ・ダメ教師を見つけろ

    ですか?



    以上が、一般的な批評である。

    でもね~。そうじゃないんだよね。

    だれか反論してよ~~。

    ame842_okuirikeiryu_TP_V.jpg 

    採用試験に見る「文科省の”無”対策」

    ニュース「学校の先生の勤務時間が長い。大問題だ。」

    このニュースを受けて、・・・。

    採用試験が1倍以上あれば、希望者が多いと言うことで、現在の勤務環境を見直すことはないだろう。

    「塾講師の離職率」と「公務員の教員の離職率」を比べると、
    公務員の離職率は低いと言える。


    これだけでも、文科省は何も考えないだろう。

    それと、
    勤務時間内に帰っている人がいる以上、何も考えないと思う。

    どの省庁も忙しいのは事実だから。

    erry15092552_TP_V.jpg



    教員が病休になる確率が高いというデータは信用できない。

    いつも言っているのだが、教員にはうつ病が多い。

     よく言われること
    教員が病休になる確率が高いというデータは信用できない。

      理由
    教員は,毎年教えることがほとんど変わらない。
    公務員である。
    1年くらい病休をとっても,現場復帰しやすい。

    民間だと,取引先の都合やイメージダウンの結果,現場復帰は難しく,離職する。
    つまり病休は少ない。そもそも取得しにくい。

    だって。


    言い返したいが、なんともね。
    この議論は部活問題が解決してからだね。


    ame842_okuirikeiryu_TP_V.jpg 

    なぜ・・・さんは,部顧問就任を断ることに成功したのに,部活問題を追い続けているのか?


    年末年始の私のブログ記事・・・読むに堪えない。本当に脳みそが,ぼんやりしていた気がする

     

    それは置いといて,

    Twitterを見る限り外部移行派が増えてうれしい限りだ。

     

    ---

     

    まれに,以下の趣旨のtwitterが流れてくる。

     

    どうして○○さんや△△さんは,部顧問就任を断ることに成功したのに,部活問題を追い続けているのか?

     

    考えられる理由 


    1:

     「同僚との会話の中でむず痒い思いが今も続く」

     「陰口をたたかれているような気がする」


    2: 

     生徒と教諭の肉体的,精神的崩壊

       教育の崩壊




     

    「制度欠陥がもたらす様々な弊害」


    訴えていくしかない。


    000雨 taifu-0I9A5577_TP_V 







    部活問題対策プロジェクトと目指す方向が同じということがわかり,安心しました。

    部活万歳の保護者と生徒たち



    このYahoo!記事の批判コメントが,Yahoo!のサイトに載っていない。

    昨年までだったら
    ・常勝校なら当たり前
    ・学生の時に厳しくされるのはいいこと

    などたくさんの批判コメントがYahoo!にあったと思われる。でも今はない。

    理由は,部活問題が一気にブラック部活と認知されたことに尽きる。


    それでも延々とブラック部活問題は続く。
    安易な託児所であり,
    ノスタルジーもあり,
    子どもの居場所だったり,・・・。



    この受益者(部活万歳の保護者と生徒たち)が,今後どう動くか見てほしい。


    是非都市部の皆さん,SNSで発信してください。

    ちなみに我が親戚は,3名中2名部活に入りません。(サンプルすくない!)

    1名は吹奏楽部に入り,時間がないと困っています。

    おまけ

    「入部して様子を見よう」は手遅れです。このYahoo!記事のように戦いになる可能性がある。


    1 PAK_9V9A8684_TP_V



    リンク
    プロフィール

    乾 東一郎 (いぬい とういちろう)

    Author:乾 東一郎 (いぬい とういちろう)
    乾(いぬい)は多くの先生の意見や寄稿をブログに打ちかえています。
    !(^^)!関西を愛しています。  
    サイト主の記事と代筆で構成。

    教育時事ネタ,授業,部活,社会体育,貧困,うつ病,大阪記事。

    うつ病の先生をなくしたい。

    部活動を地域に移行したい。
    学校対抗をやめて,地域対抗にしたい。
    部顧問したい先生は地域で指導しなされ派。



    最新記事
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    月別アーカイブ