中学高校の部活動に休養日設定を 文科省が提案へ・・・ネット上では,今回のこのガイドラインについて「疑問視」の声が多いと思う。




    感無量と捉えるか,

    土日に活動したら場合の罰則規定がないザル法と捉えるか。




    ネット上では,今回のこのガイドラインについて「疑問視」の声が多いと思う。


    「複数顧問配置」が全国全員顧問への布石だったら怖い。



    つまり,万歳して受け入れられるものではないガイドラインである。



    ネットの反応は常に一歩先を行っている。  








    -------------------


    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160604-00000009-asahi-pol




    中学高校の部活動に休養日設定を 文科省が提案へ
    朝日新聞デジタル 6月4日(土)5時30分配信




     文部科学省は3日、中学と高校の部活動について、休養日を設けるよう学校に求める案を大筋でまとめた。顧問の教員の負担を軽くし、生徒の健康を保つため、過剰な活動を適正化するのが狙い。文科省は来年度にもガイドラインをつくり、休養日がどれくらい必要かなどの基準を初めて示す方針だ。

     文科省は4月、貧困家庭や障害のある子らへの対応が増えて教員がさらに忙しくなっているとして、業務負担の軽減策を考える省内の会議を設置。中でも部活動を中心的な課題として検討してきた。2014年公表の国際調査では、中学教員の部活動の指導時間が日本は週平均7・7時間と参加国平均の3倍を上回って最長。文科省は、生徒にとっても部活以外の多様な体験に影響が出かねないと判断した。

     案では休養日を設けるほか、複数の顧問を配置することなどを学校に求める。さらに国の施策として、教員、生徒、保護者を対象に部活動の実態を調査する▽休養日はどれくらいの日数が適切かなどをスポーツ医科学の視点から研究する▽調査や研究の結果を盛り込んだガイドラインをつくる――と明記する方針。
    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    リンク
    プロフィール

    乾 東一郎 (いぬい とういちろう)

    Author:乾 東一郎 (いぬい とういちろう)
    乾(いぬい)は多くの先生の意見や寄稿をブログに打ちかえています。
    !(^^)!関西を愛しています。  
    サイト主の記事と代筆で構成。

    教育時事ネタ,授業,部活,社会体育,貧困,うつ病,大阪記事。

    うつ病の先生をなくしたい。

    部活動を地域に移行したい。
    学校対抗をやめて,地域対抗にしたい。
    部顧問したい先生は地域で指導しなされ派。



    最新記事
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    月別アーカイブ