いくら地域に受け皿がなくても,悪い制度は改めるべきだ。トラウマに苦しむ教師。

     

    やはり人間は感情の生き物なのですよ。

     

    だれの話とは言わないが,

    教師になった最初の頃は,バレー部を持っていた。学生時代にバレーをしていたからだ。

    このころ頭に来ていたのが

    ・勤務時間外の拘束時間が苦しい。

    ・自分の思うようなチームにならない。

    ・保護者が指導に口出ししてくる。

    ・選手起用が超大変。

    ・大会運営や裏の仕事がめんどうくさい。

    ある程度の時期から,顧問の横のつながりができはじめ,広域の大会の運営までするようになってきた。2時間かけて顧問者会議に行ったこともある。全国大会運営も視野に入れて頑張った。

     

    しかし・・・。

    だんだん病気がちになり,

    「あの人,部活ばっかりして,年休が多いよね」

    本当に学級担任の仕事や教科の仕事が手薄になってきているのがわかった。

    しないでもいい部活の人間関係のこじれに頭を悩ます時間が圧倒的に増えた。

    特に女子部を持った時の苦悩たるや散々だった。めんどうくさい。

     

    思い切ってバレーから手を引いた。年ごとにいろんな部活の副顧問になるように工夫した。

    多くの先生から

    「なぜバレー部を持たないの?」

    とか

    「逃げているのか?」と言われた。

     

    正直のところあのままバレー部の一線で頑張っていたら本当に病休を取っていたと思う。

    このころである。「部顧問を拒否する先生」に恨みを抱くようになったのは。

     

    副顧問も様々だった。正の顧問が休みがちの場合,私の時間は正の顧問の予定に合わせないといけない。

    一番嫌だったのが,ルールさえわからない競技の引率する虚しさである。

    保護者からは,「本当はバレーが好きなのですか」なんて言われる。

    「バレー部で不祥事を起こしたのではないか」と噂を立てられることもあった。

    事実,怠けて部をかき乱す部員を叱責したことがある。そのとき保護者から執拗なクレームが来たことがある。本当にあの時はつらかった。その件が「不祥事」なのか?

     

    さんざん頭を悩ました。


     

    今,バレー部の正顧問をしろと言われたら,

    「無理です」となる。

    これは物理的に無理なだけではなく,完全な「トラウマ」である。

    何年も何年も前の嫌なこと,無駄な感情の起伏・・・。

    あの時の嫌な気持ちを今も覚えている。

     

    体力とか,時間とか,手当てとかではない。

     

    あの時の保護者の目,生徒の目,

    何年も何年も前だけど今も忘れられない。

    身勝手極まりない生徒

    疲れたら休みたがる生徒

    楽して勝ちたがる生徒

    準優勝しても,選手起用でいちゃもんをつけてくる親。

     

    いくらこちらが清廉潔白,完全奉仕の精神を持っていても次から次にくる要求,要求,要求・・・。

     

    だから,いくら周りから

    「正顧問」を打診されてもしたくない。

     

    だれも責任を取ってくれないから。

     

    この心のケアをできる人はいないと思う。

     

     

     

    今年は,空手部の副顧問である。何やっているのかさっぱりわからない。

    ルールさえわからない競技を一日見ていると本当につらい。

    まさに部活とは負のループがある。

     

    -------

     

    上の話を聞いてどう思ったか。

    はっきり言おう。

    ボランティアでは無理だ。

     

    小学校のクラブチームは比較的ボランティア要素が強い。

    しかし,件のバレーの場合,中学校以上になると保護者のコントロールがきかないのではないか?と推測できる。

     

    だから,保護者が学校に任せている一面がないか?

     

    保護者が余裕をもって大会運営をして,生徒の指導ができればクラブチームは中学校も存続しただろう。

     

    事実,昔は

    「顧問はほとんど来なかった」

    「練習試合はほとんどなかった」

    「俺の親が教えてくれた」

    というのが多い。

     

     

    でも今は,

    危機管理の面から顧問は張り付き

    過剰な練習試合

    保護者と保護者のつながりが薄く,要求するだけになっている。または先生の言いなりになっている。

    すべて先生に負担がある。

    年々先生の負担は増える。

     

    保護者の現状を考えると部活動を地域に返上するなど実質無理なのだ。

    先生の現状を考えると,今の部活制度は無理である。


    つまり「部活」は正当に活動する場がないのだ。


    だから

    私は訴えているのである。

     

    法で部活を規制せよ。

    わかりやすく「週休日に学校に来ること禁止」

    いわゆる「学校から部活機能の分離」である。

    -----

    今回の文科省の通達も,守られないガイドラインになるのも無理はない。

     

    今の「部活好きの先生,生徒,保護者」の受け皿がないのだ。

     

    なくてもいいのだが「感情の受け皿」がないのだ。

     

    -----

     

    でもね,ショックを与えるような法律ができないと,世の異常事態は改善されないのですよ。

     

    飲酒運転の罰則強化。

    組体操の禁止。

    タバコの禁煙,分煙の慣例

     

    結構,強めの決まりや圧力がかからないと動かなかったのは事実だ。

    2030年くらいかかったと思う。

    飲酒運転を,ポスターだけで今くらい減らせたと思いますか?

     

    -------

    部活問題もかなりの圧力をもって解決すべき。

    だから「法で規制」するしかないのだ。

    ------

     地域に受け皿はなくても安心ですよ。学校が抱えなくなれば,本当に必要な部活は地域やそれなりの大人が引き受けます。

     

     

    スポンサーサイト

    部活好きの先生は喜ぶはず。 土日祭日楽しいことして月に約3万円。

    この記事懐かしいですね。下記URL


    http://bylines.news.yahoo.co.jp/ryouchida/20150104-00042004/


    日額3000円? ずいぶん高いですね。
    1700~2000円くらいが相場ですよ。

    でもね。twitterにも書いたけど,再掲します。

    -----

    部活好きの先生は喜ぶはず。 土日祭日楽しいことして月に約3万円。 ただ 体をむしばむ, 家庭を崩壊させるリスク, 同調圧力を高める, 多くの問題点があります。 部活動制度の問題なので,カネではないと叫びたいです。





    FC2ブログの注目記事に選ばれました!純粋にうれしいです。

    「痛い高校教師の~」

    FC2ブログの注目記事に選ばれました!

    純粋にうれしいです。

    http://blog.fc2.com/genre/9/


     fc2.png   

    昨日は疲れ切って,今日は元気で・・・。クソリプ。

    ああ,気分の高揚が激しい。

    こんな気持ちで生徒と接するのも申し訳ない。

    仕事を整理せねば。

    それと眠れないんだよね。ブログ書きたいのか,眠れないから書いているのか。

    そんな時は「え!」っというような知識を生徒にさらせばいいのだが,twitterのクソリプ見たいなことを生徒が言ってくるので,イライラする。
    私が腕を磨けばいいだけのことだが。


    クソリプ 参考にどうぞ
    http://matome.naver.jp/odai/2141139205213551401







    生徒A「社会人チームと練習試合したぜ」



    生徒A「社会人チームと練習試合したぜ」

    生徒B「えーいいなあ。うちの顧問はやる気ないからそんなこと絶対してくれないよな」


    数日後生徒Bの親が顧問に申し出る。
    「私の知り合いが,社会人チームにいます。私の方から内々に練習試合の承諾を得ました」



    生徒Bの顧問
    「だれがそんなこと頼んだ。」
    「余計なお世話じゃ」
    「来年は絶対顧問しないからな」



    人間積み木 組体操   つくづく人間って感情の生き物だよなぁ・・・。  

    本日の保護者

     ・なんだかよくわからないことをつぶやいていた。(すべてひらがな)
       乾:結局生徒と同じ。都合の良いことしか言わない。

     ・組体操がなくなって残念と言っていた。
       乾:人間積み木がスキなのか。

     ・あの先生って・・・
       乾:本当に噂話がスキなのね。

     ・あの先生のクラスは推薦がきくってよ。
       乾:何を言ってるんだ。2~3例で判断するなよ。


    つくづく人間って感情の生き物だよなぁ・・・。




     

    休めと言っても休まない。割引するなと言ってもしない。

    やっぱり「学校の部活が大好き」。この気持ちを持った人に理屈をいくら言ってもダメだ。

    こんばんは

     

    乾です。

    「部活は地域に移行せよ。学校対抗をやめて地域対抗にせよ。」といつも言っています。

     

    やはり部活に執着する先生も多い。わかっています。スキなんだよね。

     

    それでも言う。

     

    部活がスキで、競技も好きなんでしょ。それで、「学校でするチームスポーツが好きなんでしょ」と言いたい。他の文化部も同じ。

     

     

    やはりクラブチームでは物足りない。いくら、「学校対抗をやめて地域対抗にせよ」と言っても心に響かないだろう。

     

     

    「学校の部活」が大好きな人は多いのだ。

     

     

     

    日曜日に部活ができないと大会運営ができなくなるだと?

    じゃあこうしよう。

    全国大会などいらないのですよ。小規模の大会で済ませればいいのですよ。20校くらいのグループに分けて20校の優勝を決めたら良いでしょ。

    ・・・(こんな事を論ずるのがむなしい)・・・

    色々解決策はあるが,やっぱり「学校対抗よりも地域対抗が良い」

     

     

    大規模なJのユースから、ボールの蹴り方教室まで幅広くできるよね。

     

    近所のテニススクールは、本気モードの選手育成からラリーを1時間やって終わりってところもある。自治体主催の小学生およびシニア向けテニススクールもある。中高生向けがないのは「部活」がはばをきかせているからだ。

     

     

    スイミングなんて最高の理想形である。オリンピック養成コースから,水中を歩くだけのコースまで幅広くある。

     

     

    今回の「文科省のガイドライン」もうひと押しすれば,実効性が出てくるかもしれない。

    事実,保護者と話をしていても,部活への不満はピークに達している。

    傾向としては,中学校部活への不満は相当多い。不満の種類も多岐にわたる。もっと活動量を減らせだの,もっと専門的にやれ,初心者に配慮しろ,そのほか謎の不満もある。知り合いの中学教師の言葉は年を追うごとに切迫している。高校の方が,選んできたので突飛なクレームはないが,深刻なケースも多い。退学に直結するパターンも多い。

     

    本気でガイドラインが時代の要請で罰則規定のあるものになりそうな気もする。時代の流れである。

     

    地域スポーツが盛んになれば,今部活に食われている他の競技も盛んになるだろう。

     

    キャッチボールだけの野球スクールもあれば,プロ養成の野球スクールも出てくるかもしれない。

     

    技術指導したい学校の先生が,地域のサークルで指導するかもしれない。

    中学教師と高校教師がタッグを組んで地域スポーツを盛り上げるかもしれない。

     

    でも,それはないな。(直感)

     

    なぜなら

     

    やっぱり「学校の部活が大好き」。この気持ちを持った人に理屈をいくら言ってもダメだ。

     

     

    宝石好きに「ただの石ころだよ」と言っても絶対にわかり合えない。

    とにかく東大に行きたい。何学部でもいい。と言っている親子に何を言っても通じない。

     

     

    本当にわかり合えないのだ。

     

     

    やはり処世術かな。以下のブログもどうぞ。


    http://53f53.blog.fc2.com/blog-entry-894.html







    尊敬します。 https://twitter.com/BMTproject

    部活問題はマスコミに取り上げられることには成功した。

    しかも,今は取り上げられている内容に「異議」まで出せている。


    尊敬します。
    https://twitter.com/BMTproject



    部活存続の場合どうしたら,過剰労働を防げるか。部活を外部に移行の場合,何か問題が起こるのか。

    おかげさまでいろいろな人のtwitterやブログを読んでいる。

    労働条件を改善して部活存続か,部活は外部へ移すという意見が多いと感じる。

    最終的には労働問題であり,労働者の環境改善が「生徒のためになる」のは明白である。

     

    (1)部活存続の場合どうしたら,過剰労働を防げるか。

    部顧問を拒否したらよい。

    外部コーチを入れたらよい。

    教員不在の引率が可能になればよい。

    部活のやりすぎに規制をかける必要がある。だって。

     

    (2)外部に移行の場合,何か問題が起こるのか。

    地域に受け入れ先がない場合がある。→ないならもともと必要ないのだ。

    マイナースポーツが衰退する可能性がある。→だからもともと必要ないのだ。

    部活で統制を取っている学校は学校の生徒指導力が落ちる。→そもそも部活で統制を取るのも変だ。

     

    --------

    部活存続って本当に曖昧なのです。本当に厄介なものを学校は抱えている。

    --------------

    部活顧問って忙しいのですよ。

    保護者への部活の説明。

    新入部員のユニフォームなどの購入。

    部費の管理を保護者と共同で。

    ナントカ大会が開かれ,出場選手の登録。その大会に向けての練習試合を組む。こういった大会が,年間大小含めて10個はある。

    その間,選手の起用やスタメンのこと。選手の移動手段など様々なことを考える。天気予報も週末気がかり。

    生徒が非行をした場合,どうするかも考えなければならない。

    タバコをすったら処分。

    タバコを所持していたらどうする?

    ライターのみ所持していたらどうする?

    このように処罰の決定と執行,そして部活の決まりまで作る必要まである。

    事故に備えて小規模の保険に入ることもある。そのとき保険の人との折衝もする。

    もちろん指導力も磨かないといけない。

    競技の指導力はもちろんだ。

    審判の勉強もする。ルールは詳細に頭に入れる必要がある。

    発達障がい気味の生徒は部活しか生きる場所がないので,特別支援の知識も入れながら時には厳しく時にはカウンセリングマインドで接しないといけない。

    部活の中でいじめがあれば,間に入って解決させる。

    同好の者が集まっているが故の,変な雰囲気も正常化させねばならない。カラオケボックスで何しているかもわからない。

    部室も常に清潔にしないと,先輩教師からチクチク言われる。

    部活中ケガが起きれば,病院に連れていく。保護者は「ありがとうございます」と言うものの,本音は怒っていたりもする。

    部活の運営に保護者が口を出してくる場合もある。

    生徒は親に都合のいいことしか言わない。部の方針が伝わらない。

    ---------------

    以上のことをやって,担任と教科を完璧にできる。これが良い先生です。

    大学生の皆さん,君たちは体力がある。

    学校の先生を目指してください。

    360日くらい頑張れるよね。

    以上戯言

    --------------

    やっぱり。部活動は地域に移行するしかないのですよ。

    本当に必要なら,教育課程に組み込んで,専門的指導をするべき。こうすれば,部活が卒業の条件になる。でも常識的に考えて教育課程に組み込むのは無理。

    社会に出た時の規範を身に着けることが出来る,という意見もあるが,そのような規範を先生の勤務時間外に身に着けさせるってことは変だ。

    教育システム全体を再構築することも大事だろうが,今のところ部活問題を解決するには,まず部顧問就任の完全自由化する。その後,段階的に地域に移行する。

    目標は17時学校を施錠することだろう。

    もう一つは,罰則規定も盛り込んだ「勤務時間外の生徒との接触禁止令」を一斉にかけるのもアリだ。

     

    文科省はやはりガイドラインで済ませる気なのだろうか・・・憂鬱である。

     

     

    リンク
    プロフィール

    乾 東一郎 (いぬい とういちろう)

    Author:乾 東一郎 (いぬい とういちろう)
    乾(いぬい)は多くの先生の意見や寄稿をブログに打ちかえています。
    !(^^)!関西を愛しています。  
    サイト主の記事と代筆で構成。

    教育時事ネタ,授業,部活,社会体育,貧困,うつ病,大阪記事。

    うつ病の先生をなくしたい。

    部活動を地域に移行したい。
    学校対抗をやめて,地域対抗にしたい。
    部顧問したい先生は地域で指導しなされ派。



    最新記事
    天気予報

    -天気予報コム- -FC2-
    カテゴリ
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    月別アーカイブ